外傷がなく膝が痛くなったら、骨盤の変位が原因! - 大阪市都島区の整体 治療系カイロプラクティック

村上カイロプラクティックオフィス

カイロ全般, カイロ全般のQ&A, 日記・ブログ, 神経系, 膝痛の体験談

外傷がなく膝が痛くなったら、骨盤の変位が原因!

膝関節の障害も、股関節と同様、膝関節の直接的な要因 (外傷など)、と間接的な要因を
考慮しなければいけません。特にカイロプラクティックやオステオパシーにおいて、間接的な
原因を重視する場合が多く、臨床において様々な角度から膝関節に負担となっている要因を
チェックする必要があります。

カイロプラクティックでは、どんなに悪そうに見えても、症状のない膝をアジャストメント(矯正)
してはいけないというルールがあります。
膝のサブラクセーションは局所的な痛みの原因です。念のため、痛みに広がりがあれば、
どこか別のところに問題を探します。
膝の問題は他の四肢の問題と同じように、四肢の問題よりもまず神経炎です。

膝関節の障害を要約すると次のようになります。

○ 直接的な要因

(1) 外傷

(2) 膝関節の変形


○ 間接的な要因

(1) 骨盤 (腸骨) の変位

(2) 股関節の異常

(3) 姿勢の異常

(4) 内臓器官の反射痛

膝の問題には基本的に6つの原因があります。原因はどれか1つか、いくつかの組み合わせです。

1.最初に調べるのは、膝に神経が分布している脊椎のT11(胸椎11番)~L2(腰椎2番)の
  部位のサブラクセーションです。

2.腸骨のサブラクセーションが原因であるかもしれません。脚幹が回転して膝関節の半月板
  を不自然に磨耗させます。特に悪い膝のIN(内方)メジャーを探します。これが膝の内側の
  痛みの原因です。腸骨の痛みはふつう膝まで降りません。

3.足に問題があると、歩行が異常となり、膝に問題が起こります。足の土踏まずのアーチが
  落ち込むと膝が痛くなりますが、これは膝関節が不自然に磨耗するからなのです。

4.肥満の人に膝の問題がある人が多い。特に、内側の半月板を異常に磨耗するため、内側
  に痛みがあります。

5.化学 (ホルモン) の問題が腫れや痛みのような膝の問題の原因かもしれません。
  関節を変質させるからなのです。

6.最近あるいは過去のけがが原因です。必ず相互に、少なくとも90度のX線を2枚撮り、
  骨折と病理を排除し、リスティングを出します。出来るだけ早くけがの膝を治療することが
  大切です。サブラクセーションの膝を治療しないと関節炎になります。
  まれに靭帯の断裂がひどくて、アジャストメントが最良の方法でないことがあるので要注意
  です。

リスティング・・・症状の原因である特定の椎骨が隣り合わせの椎骨に対して、どの方向に
          ズレているのかを評価する。

例えば、骨盤(腸骨)痛みが左にある場合左側の腸骨が動きが悪くなっているか、動きが過剰
     になっているのかを調べます(右側の腸骨に対して)。次に、右側の腸骨に対して、
     動きが悪ければ、左がメジャー(矯正する側)とします。骨盤の変位は、前上方(AS)か
     後下方(PI)、また内方(IN)、外方(EX)に変位します。
     これらの組み合わせが、ASIN(前上方内方変位)、ASEX(前上方外方変位)、
     PIIN(後下方内方変位)、PIEX(後下方外方変位)その他、EX-IN(外方ー内方変位)
     単なる骨盤だけがねじれた変位です。このように骨盤だけでもこれだけの複雑な変位
     を起こすのです。また、仙骨や尾骨、脊柱にも同じようにリスティングがあります。
     カイロプラクティックの矯正では、このようにリスティングを出してから治療に当たります
     ので、むやみに骨を動かすことはありません。
     さらに、カイロプラクティックでは、このリスティングによりある椎骨の変位がわかり、
     上の例からすると、ASINをだしたら、これが病名のようなものなのです。これでどの
     方向に骨を元の位置に戻したらよいのかがわかり、安全に骨を動かすことも出来る
     わけです。そういった意味ではレントゲンが如何に大事かがおわかりでしょう。
     リスティングはレントゲンで分析したリスティングと、皮膚から骨に触れて実際に体を
     動かしながら(モーション・パルペーション)判定します。

慢性の関節炎の場合には、動きを増すために温湿布をする。腫れがひどい急性の場合には、
腫れと痛みを軽くする必要があるかもしれません。腫れと痛みをとるには冷やすのが一番です
。腫れがとてもひどければ、寝る前に膝をサランラップのようなプラスチックできつく包む必要が
あります。しかし、血液の循環を制限するほどきつく絞めてはいけません。液が引くには数日間
かかるかもしれません。アジャストメント(矯正)はその後行います。
膝の腫れがそれほど引かない場合、医師に液を抜いてもらう必要があるかもしれません。
というのは、終いには液がゼリー状になるかもしれませんし、あるいは実際には液が血液で
あるかもしれないからです。
テーピングの方がおおむね優れています。というのは、動きを許容するが保護するからです。
膝の治癒にはいくらか動きが必要でありますが、少なくとも2週間は動きを制限する必要が
あります。運動をすると悪い膝をもっと悪くします。足に体重がかかると靭帯がさらに伸ばされます。

立位姿勢をとる人間にとって、膝関節への負担が非常に大きいのです。人間は生涯を通して、必ず膝の痛みと腰の痛みを味わうというのです。
膝関節の異常を引き起こす要因として、機能的な要因と構造的な要因が考えられますが、
下記は、膝関節痛及び膝関節の異常を起こす要因とその症状をまとめてみました。

・ 姿勢の不安定

・ 膝関節の無理な動作を伴う運動

・ 股関節の異常

・ 仙腸関節の異常

・ 腰部の異常

・ 半月板損傷→円板状半月板障害、半月板断裂など

・ 靭帯損傷→内・外側副靭帯、前・後十字靭帯など

・ 筋・腱損傷→膝蓋腱及び大腿四頭筋・腱の断裂など

・ 捻挫

・ 骨折

・ 内反膝、外反膝、反張膝

・ 離断性骨軟骨炎

・ 滑膜性骨軟骨腫症

・ 骨軟骨骨折

・ 変形性膝関節症→中高年者に多いが、外傷などによって若者にも発生します。

・ 膝突発性骨壊死

・ 痛風

・ リウマチ性膝関節炎など

人間の体重は通常、左右の仙腸関節と股関節などで抑制されます。これはすなわち、
人間が立位の姿勢をとるから、膝関節などに負担がかからないようになっているのです。

膝をどこにもぶつけてはいないけれど、痛くなって、整形外科や接骨院へ行き、電気を当てたり
、膝の周囲をマッサージをしたり、湿布を当てたりすると、一時的に良くなりますが、また痛みが
再発する。この場合は、骨盤の変位によって、体重が膝にかかってしまい、膝関節の動きを
補強する筋群や靭帯などに負担がかかっている状態なのです。

骨盤に付着する筋群は、直接的また間接的に膝関節周囲の筋群と連結しています。
骨盤に変位が起こると、これらの筋群の機能に異常が現れるのです。
また、骨盤から直接的に膝関節まで延びている 「縫工筋」 があります。骨盤に前方または
後方の回転変位が起こると、この筋に直接的な影響を起こし、膝の屈伸また屈曲障害が起こります。
当然、骨盤だけではなくて、股関節の異常も、膝関節に影響を与えます。股関節の様々な変位や変形性股関節障害などがあげられます。
外傷によって膝関節を傷めた場合は、まず整形外科などの専門医へ行って診てもらったほうが
良いでしょう。カイロプラクティックやオステオパシーでは、骨盤や股関節の変位をキメ細かく
分析し、正常に戻すことによって、膝関節を補強している筋群、靭帯などの負担をなくせば、
膝関節の痛みが必ず減少します。
また、外傷によって膝関節を傷めると、骨盤や股関節への二次的なバランス障害が現れてくる
ことが多く、急性時期が過ぎた後、カイロプラクティックやオステオパシーなどの治療院で骨盤
などのアンバランスを調整したほうが良いでしょう。

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛でお悩みの方へ

大阪市,野江内代駅の整体

治療歴20年以上 平日21時まで受付 土曜・祝日も受付 院長が個別対応 野江内代駅 徒歩5分

【初回限定】肩こり・頭痛を早く治したい方へ

肩こり・首の痛み・頭痛解消!カイロプラクティック施術

通常5,000円→4,000円(税込)

※初回検査・施術代込み

【初回限定】坐骨神経痛・腰痛・膝痛を早く治したい方へ

腰痛・坐骨神経痛解消!カイロプラクティック施術

通常5,000円→4,000円(税込)

※初回検査・施術代込み

【初回限定】顎関節症・目まい・偏頭痛の根本解消

顎関節症・目まい・偏頭痛解消のカイロ施術

通常5,000円→4,000円(税込)

※初回検査・施術代込み