脊柱側弯症は早期発見・早期治療が大切です。 - 大阪市都島区の整体 治療系カイロプラクティック

村上カイロプラクティックオフィス

カイロ全般, 日記・ブログ

脊柱側弯症は早期発見・早期治療が大切です。

脊柱側弯症とは、背骨が右へまたは左側に

異常に弯曲する病気です。

主として背骨が成長している子供に起きる、

最も変形傾向の強い病気です。

放置しておくと骨の成長とともに

変形が進行してしまいます。

Photo1

Photo2





こうした側弯症が、小中学生の1%に

発見されたという報告があります。

学校の健康診断ではじめて

発見されるケースが多いです。

また、側弯症の予備軍ともいえる、

体の歪みを起こしている子供がかなり

みられることも報告されています。

その比率は女子が圧倒的に多く、

男子のほぼ10倍です。

側弯症の症状は、最初のうちは

自覚症状がほとんどないため、

本人はもちろん周囲の人たちでさえ

気がつきません。

症状がどんどん進行して姿勢がおかしいと

気づいたときには、すでに側弯症になっている

ことが多いのです。

Photo3

Photo4_2

最初のうちは姿勢が悪く見えるだけですが、

症状が進行していくにつれて背中や腰の痛みを

訴えるようになります。

更に、悪化すると呼吸器障害を起こし、

次には心臓の合併症を起こす可能性もあります。

骨の成長が止まる時期には個人差がありますが、

だいたい15歳から18歳ぐらいまでで、

男子は女子より2年くらい遅れます。

この成長期が終わる前後まで自覚症状がない

場合が多いわけですが、年齢を重ねるにつれて

いろいろな症状が出てくることが、

生理学的、あるいは経験的に知られています。

側弯症には大きく分けて、

特別な原因もなく発症する特発性側弯症と

生まれつき背骨が曲がっている先天性側弯症と

他の病気に伴って起こる病原性(症候性)側弯症に

分けられます。

そのうち特発性側弯症が全体の約80%を

占めています。また、子供の側弯症のほとんどが、

この特発性に入ります。

特発性というのは、側弯の発生頻度から

日常的ないろいろな要素が重なり合って起こるため、

原因がよくわからないという意味です。

例えば、悪い姿勢、運動不足による

背筋力の低下、いろいろな原因で起こる

筋肉のアンバランスは発達、スポーツや打撲などで

骨盤や背骨にズレを起こしたことが原因で

生じる場合などです。

また、ある種の病気や精神的ストレスなど、

いろいろな要素が重なり合って起こることが

考えられます。

このようなごく日常的な原因が

積み重なって、知らない間に進行してしまいます。

身体の成長期にある子供の背骨が、

気づかないうちに曲がり、捻れたり、

歪んでいるままに放っておけば、そのままの

状態で背骨が形成されてしまいます。

その結果、様々な症状の原因になるのです。

治療においても、側弯の度合いと

治療期間が比例関係にあります。

つまり、側弯が大きいほど、長い時間と

大変な努力や犠牲が強いられます。

ですから、早期発見と適切な早期治療が

極めて重要なのです。


  <早期発見には定期的な検査が必要です。>


側弯症を早期発見するためには、成長期の

子供全員が定期的な検査をすることです。

ところが、ほとんどの家庭や学校では、

適切な定期検査が実行されていないといえます。

なかには、子供の健康について熱心な学校があり、

定期検査である程度の早期発見をしているようです。

しかし、軽度や中程度の早期発見ができたとしても、

病院では適切な治療方法がないために

「経過をみましょう」とか「しばらく様子をみて」

などで、患者は放置されてしまい、症状がどんどん

進行してしまうのです。ですから、せっかくの

早期発見が早期治療に結びつかないという

大きな問題が存在しているのです。

それに対して、カイロプラクティックは

側弯症の早期発見をすれば、その時からすぐに

治療を開始することができますし、かなりの

治療効果が考えられます。

また、側弯症の早期発見に最も適した検査法は

何か・・・?と質問されれば、

カイロプラクティックであると自信をもって

答えるでしょう。

※ 当院では、放射線専門医院と提携しており

お一人お一人背骨全体のカイロプラクティック用の

レントゲンを撮り、分析してから

施術を行っております。



<早期発見の
チェックポイント>

家庭などでできる、一般的な側弯症の

早期発見のチェックポイントを

簡単にご説明させていただきます。

Photo2

上記4つのポイントとしていますが、⑤つ目として

頭の傾きを追加します。

チェックポイントは①~③、⑤番は直立した

後ろから見ます。④番は両手を下げて体を前に

曲げた状態でチェックします。


①左右の肩の高さが同じかどうか。

②肩甲骨の左右の高さや出っ張り具合は同じかどうか。

③ウエスト・ライン(腰のくびれ)の左右の

 状態が偏っていないかどうか。

④手前で両手を合わせ、足を少し開いて

 ゆっくり前屈したとき、左右の背中(肋骨)の

 高さが同じかどうか。

⑤頭はどちらかに傾いていないかどうか。

以上の5つです。

こうした点をチェックするためには、まず、

真っ直ぐに立たせること、できるだけ

衣類をまとわない状態で検査することが大切です。

側弯症の検査の結果、体の一部の歪み、

あるいは軽度の側弯や側弯症の疑いのある

症状などが発見された場合、早く専門的な

検査を受ける必要があります。

側弯症を早期発見するためには、小児期より

骨の成長が止まる成人まで、6ヵ月おきぐらいの

定期的な検査が望ましいのです。

7歳から13歳までの急速に成長する時期は、

特に注意する必要があります。

<症状が悪化すると治療も大変になります。>


側弯症に対する治療のほとんどは、

症状がある程度進んだ段階で治療に入るわけです。

そして、治療はギブスで固定したり、

Photo5

Photo

上記の装具(ミルウォーキーブレース)を

装着することになります。

その目的は背骨を固定し骨の成長の残った

期間が完了するまで、それ以上の側弯の

進行を抑えるために行います。

これは数年に渡って装着しなければなりません。

従って、日常生活の中で、入浴や軽い運動のとき

以外は、昼夜常に装着していなければいけませんので、

見かけが悪く堅苦しいことは

避けることはできません。

また、患者さまのよほどの理解と努力がなければ、

その効果は期待できません。

側弯症がさらに悪化しますと、

最終的には背骨の手術が必要になります。

ですから、背骨の異常が軽度であるうちに、

早く適切な手を打つ必要があるのです。

欧米のカイロプラクティックは、教育、

保険など法制化され、ごく一般的な医療として

とても盛んに治療を行っています。

それに比べ日本の場合、だいぶ

カイロプラクティックを知られるようになった

とはいえ、まだかなり理解が遅れています。

このようなことで、側弯症の早期発見は

もとより、病院で診断を受けてかなり期間が

経ってから私たちカイロプラクターのところに

お越しになることが多いのです。ですから、

多くの側弯症はかなり進んでいます。

特に悪化した側弯症は、カイロプラクティックでも

完治は期待できません。

側弯症は痛みの自覚症状に乏しく、

ある程度の治療効果を得ると治療日数の

間隔を開けたり中断してしまうため、

なかなか完治まで至らないというのが現状です。

しかし、患者様やご家族の理解、ご本人の

努力を得ればかなりの治療効果を上げることが

できます。

何はともあれ、病気は早期発見と

適切な早期治療が原則であることを

最後に記しておきたいと思います。


この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛でお悩みの方へ

大阪市,野江内代駅の整体

治療歴20年以上 平日21時まで受付 土曜・祝日も受付 院長が個別対応 野江内代駅 徒歩5分

【初回限定】肩こり・頭痛を早く治したい方へ

肩こり・首の痛み・頭痛解消!カイロプラクティック施術

通常5,000円→4,000円(税込)

※初回検査・施術代込み

【初回限定】坐骨神経痛・腰痛・膝痛を早く治したい方へ

腰痛・坐骨神経痛解消!カイロプラクティック施術

通常5,000円→4,000円(税込)

※初回検査・施術代込み

【初回限定】顎関節症・目まい・偏頭痛の根本解消

顎関節症・目まい・偏頭痛解消のカイロ施術

通常5,000円→4,000円(税込)

※初回検査・施術代込み